年齢や体型で変わるキャットフードの選び方

年齢や体型で変わるキャットフードの選び方

人間がそうであるように、動物もまた年を重ねるに従って体調や体型が変化します。

子猫だった時代には喜んで食べていたキャットフードを、年齢を重ねて食べなくなったという例を見たことがある飼い主さんも多いのではないでしょうか。

動物の食事も、年齢や体型に合わせて変えていく必要があります。食べたものは身体を作り、大切なペットの寿命にも繋がるのです。

今は猫の年齢に合わせたキャットフードが数多く市販されている

昨今ではさまざまな種類のペットフードが各メーカーから発売されており、ペットの状態に合わせて選べるようになりました。

猫用のものでは子猫用からスタートし、成猫用を経てシニア用のフードへと移行します。

これは各年齢に合わせて調整されており、子猫用には子猫時代に必要な栄養素が含まれ、まだ食事の取り方が未発達な子猫のためにウェットタイプのものなども発売されています。

子猫用・成猫用・老猫用キャットフードのそれぞれの特徴

子猫用のものは基本的にほかの年代向けのものよりも高カロリーで、体作りのための栄養素をたっぷりと含みます。成猫用には大人の猫のための栄養素などが含まれます。

一歳から七歳までを成猫とし、食べ応えや噛みごたえがあるキャットフードが基本です。

子猫用と比べるとカロリーは控えめで、栄養素もバランスよく配合されます。体のために多くの栄養を必要とした子猫時代よりもカロリーを抑えることで、肥満や病気を防ぎます。

シニア用となると噛み心地がソフトなものが増えますが、少しずつ弱って来る歯と歯茎に対応してのことです。シニアとして数えられるのは七歳以上の猫です。

この時期になると病気にかかることも増え、より慎重な体調管理が必要となるでしょう。

ペットとして飼われている猫は、基本的には人間が与える食事を食べて生活します。与えられた食事によっては栄養が足りなかったり、また逆に栄養過多で肥満になってしまったりということも充分に有り得ます。

ペットが何歳なのかを意識することも大切です。子猫には子猫用のものを、成猫になったら成猫向けのものをと切り替えていくことで、ペットの健康を守ることができるはずです。

疾患のある猫向けや肥満猫向けのキャットフードも市販さてている

疾患のある猫や、体調を崩した猫のためには専用のキャットフードも発売されています。

肥満を解消するためのダイエット用キャットフードなども存在しており、自分のペットにぴったりのキャットフード探しも飼い主の大切な仕事となるでしょう。

ペットが喜ぶからといっておやつばかりを優先せず、栄養素やカロリーから、もっとも必要なペットフードを選ぶことも大事です。

Copyright はじめての猫・飼い方読本 2017
Shale theme by Siteturner