食いつきが悪いのはなぜ?猫もキャットフードの好き嫌いがあるの?

食いつきが悪いのはなぜ?猫もキャットフードの好き嫌いがあるの?

猫にキャットフードを与えたのに、なかなか食べてくれない、食いつきがよくない、昔は食べていたのに食べなくなってしまったと悩む飼い主は多いものです。

猫の中には好き嫌いが多い個体も多く、猫によって個体差が多いとも言われています。

キャットフードの味だけでなく、食感、においなどにこだわりを持つ猫は多くみられます。好き嫌いをさせない工夫としては、飼っている猫がまだ子猫であるならば、人間の食事を与えることはやめましょう。

そして総合栄養食であるドライのキャットフードを与えるようにしておけば、これよりもおいしい味を覚えることもないでしょう。

猫が人間の食事に興味を持つこともなく、ねだってくることもありません。これにより人間も猫もお互いにストレスがなく食事を楽しむことができるでしょう。

猫は人間の食べ物にも興味を持つ?

もしも人間の食べ物の味など、おいしい味を知ってしまっている猫の場合には、おいしいウェットフードは食べたとしても、カリカリとした食感のドライフードは食べないという猫も見られます。

ウエットフードでは栄養が偏ってしまうため、猫の健康面について考えると、総合栄養食となるドライフードを食べさせることを考えた方が良いかも知れません。

ドライフードを食べてもらうためには、ウェットフードに少しずつドライフードを混ぜていく方法がおすすめです。

一度にたくさん混ぜてしまうと食べてくれないので、初めはウエットフードを9に対してドライフード1の割合ではじめてみましょう。少しずつドライフードの割合を増やし、慣れさせていくと、少しずつ食べてくれるようになります。

そしてドライフードのカリカリとした食感を嫌う猫もいます。そのためドライフードをお湯にふやかして与えると、食べやすくなる可能性もあります。

しかしこの場合、これまで与えていたドライフードの味やにおいが嫌になっている場合には、たとえふやかしたとしても食べてはくれないでしょう。

また、軟らかい食べ物ばかりを食べていると、歯によくありません。そのためいずれはかたい食感のものに戻す方がよいと言われています。

あまりにも猫が食べない場合は少し強引な手段も必要

そして強引な方法になりますが、いくら食べなくても、おなかがすくまでドライフードを与え続けるという方法もあります。

猫は二日や三日ほどであれば何も食べなくても平気な生き物です。そのため、同じドライフード与え続けることで、おなかがすくとしょうがなく食べてくれる可能性があります。

しかし猫にとっては食べられないことがストレスに感じる可能性もあるので、猫の様子を見ながら試すようにしましょう。

Copyright はじめての猫・飼い方読本 2017
Shale theme by Siteturner