キャットフードは国産と外国産で違いはあるの?

キャットフードは国産と外国産で違いはあるの?

近年は日本でのペット事情も大きく変化し、扱いの捉え方が海外に近付きつつあります。

ですが、もともと海外ではペットを家族の一員として捉える傾向が強かったのに対し、日本では飽くまでもヒトの家族とは一線を画した動物として捉える傾向が強かったと言えます。

この考え方の違いは現在に至るまでペット用品にも反映されている側面があり、キャットフードについても国産・外国産の違いの多くにそれは現れています。

原料の違いがキャットフードの価格に反映されている?

両者の違いですが、まず国産については外国産として価格が安い傾向にあります。

これは先述したペットの捉え方の観点から、肉や魚のヒトにとっては可食部とならない箇所や、穀物を主原料に据える事が多い為です。

当然ながら品質管理はきっちり施されていますが、原材料そのものが安くなっています。更に国産は輸入コストが存在しませんから、価格の安い製品が仕上がるのです。

ですが、先述のように、日本でのペットに対する捉え方は海外寄りに変化しています。

ところが既に製品化されているキャットフードについては、観点を変えて原材料も全く変えてしまうと、以前のものに慣れた猫が気に入らないという事が起きる可能性があります。

その為、原材料に関しては大きな変更が出来ません。そこで同じシリーズで複数の味のものを販売する・見た目に工夫を施すといった形で、多角化を目指す方向が強まっています。これも国産ならではの特長と言えます。

外国産のキャットフードはコストが掛かっている

一方の外国産ですが、こちらはもともとヒトが食べるものをペットにも食べさせたいという風潮が、ペットに対する捉え方の観点から強いです。

従って原材料には肉・魚の本来の可食部を使う傾向が強く、原材料価格も高くなっています。そこに輸入コストが転化されますから、製品価格自体は高い傾向にあります。

ですが、原材料の本来の質に加え、価格の安い製品にも対抗出来るように栄養バランスに注意を払う傾向が強く、栄養素の添加・強化を行う製品も多く見られます。健康面を重視して栄養価の高いものを与えたいのであれば、外国産に軍配が上がると言えます。

但し、日本への輸送がある事から、実際の使用には製造から時間が掛かります。その間の製品品質の維持の為に、添加物の使用割合・種類については多くなってしまうのが外国産の泣き所です。

酸化防止剤・保存料については、量の多寡はともかく殆どの製品に使用されています。国産の場合、これらの添加物を一切使用しないものを見つける事も出来ます。

 

このように幾つかの違いがあり、利点・弱点が混在している事から、一概にどちらが良いとは言う事が出来ません。重視したい要素をしっかり確認したうえで、猫自身に合うキャットフードを選択したいものです。

Copyright はじめての猫・飼い方読本 2017
Shale theme by Siteturner