猫が太ってきたらキャットフードを変えてみるのも一つの対策方法

猫が太ってきたらキャットフードを変えてみるのも一つの対策方法

猫が太ってきたら食事の見直しも必要ですから、キャットフードを変えてみるのも一つの対策方法です。

食事を与える量を調整することと、身体を動かす運動量も必要なことですが、彼らのご飯を見直すことも重要な視点です。カロリーカットフードというのは、脂質や動物性たんぱく質を抜いている、いわばカロリーの無を抑えているフードのことです。

食事内容としてカロリーが低くなるので、ダイエットには適切と漠然と受け止めやすいですが、栄養面からするとそうとも言い切れないです。

消費に優れている脂質は、食べてエネルギーに変わりやすいため、フードで脂質が多いということは、それだけ食べてからの満腹感を感じやすいということにもなります。

カロリーオフに拘りすぎると思わぬトラブルも

痩せることだけを考えるとカロリーだけを抑えているフードが良いと受け止めやすいですが、動物性たんぱく質を減らし、脂質を減らした場合、今度は増えてくるのは穀物量です。

穀物は動物が食べてみると消化が良くない種類であり、いくら食べてもおなかへの満足感が出てこないです。いくら食べても満腹感を感じることができなくて、食べ過ぎて今度はお腹の中で膨張をして、吐き戻すことになります。

脂質を減らしたキャットフードはどうなの?

脂質を減らしているダイエットフードはフードとしてのカロリーは減りますが、太りやすい原因を考えてみることです、穀物に大量に含有する糖質ことが、太る大きな原因です。

ダイエットフードにしてみたものの、なぜか一向に体重の減少という傾向が見られないとき、消化が悪くて糖質が多いという、肥満の元になる要素を含んでいます。

フードに動物性たんぱく質がとても少ないことも、痩せにくい問題点です。

猫というのはおっとりとしてはいますが、食事の種類的には肉食動物です。肉食動物が必要とするのは、動物性たんぱく質ですから、動物性たんぱく質がなければ痩せにくくなります。

ダイエット目的のキャットフードを選ぶ際のポイントまとめ

ダイエットのためのフード選びを行うときには、脂質の含有量は20%以上はあること、たんぱく質は30%は含まれていること、この点を重要視してフードを選ぶようにします。

動物性の肉食材がしっかりと含まれるフードを食べていると、食事中にお腹も満たされるので、食べ過ぎてしまうこともなくなります。

可愛い飼い猫が太り気味だと気が付いた時、キャットフードの見直しは、大変良い改善対策となります。

ダイエットフードのような、カロリーだけを減らしているものではなく、栄養面で適切なことを重視して、健康的な栄養素の配合でフードは選ぶようにします。

Copyright はじめての猫・飼い方読本 2017
Shale theme by Siteturner